ライブ配信にはデメリットもあるので注意

ライブ配信にはデメリットもあるので注意

ライブ配信は臨場感が大きく視聴者に強くアピールすることができますが、デメリットもありますので注意が必要です。
ライブ配信では、たとえうっかりして何か間違ったことを口走ってしまったとしてもそのまま配信されてしまいます。
人間誰しもミスはあるもので、単なる言い間違いなどであれば即座に訂正することで大問題に発展するようなことはないですが、いわゆる不適切発言などがあってこちらがそれに気づかないとか、もっと言えば意図的に煽るようなことをした場合には、取り返しがつかなくなるまでに炎上してしまうかもしれません。
録画配信であっても、第三者のチェックが入らない場合にはこれと同じことになるかもしれませんが、そういうケースは少ないですし、仮に本人だけで行っているとしても時をおくことで冷静になれたりして、これは適切でないかもしれないなと思えばやり直すようなことも可能ですが、ライブ配信の場合にはそれができませんので肝に銘じておく必要があります。

ライブ配信をやっているときにトラブルを避ける方法

インターネットが幅広い年代に普及したことにより、インターネットを使用したコンテンツを利用する人も増えています。
一昔前であれば映像を流すような媒体はテレビぐらいであり、テレビに出演できるのは有名人などの限られた人達だけでした。
ただ現代ではインターネットが普及したことにより、ライブ配信を一般人の方が挑戦するケースも増えてきています。
一般人がテレビの有名人と同じように映像を通じて、不特定多数の人達の目に触れることになりますから、有名になれるようなメリットだけでなく、トラブルに巻き込まれてしまうようなデメリットも存在します。
ライブ配信ではいろいろな問題が起きるケースがあり、その種類はかなり多くなります。
配信自体が上手くできなくなるような機材や運営側との間でもめ事が起きることもありますし、視聴をしている人達との間で問題が起きることもあるのでライブ配信をやるにはリスクが伴います。
機材や運営と揉めているようなケースであれば解決するのは難しくありませんが、不特定多数の視聴者との間でトラブルになると面倒なことになる可能性が高いです。
視聴者が実際に家まで来るようなケースもありますし、嫌がらせのメッセージを送ってくるようなこともありますから、度が過ぎることされている場合は早めに弁護士などに相談をするのが大切になります。

ライブ配信に関する情報サイト
ライブ配信の基礎知識を分かりやすく解説

今ではスマホ1台あれば誰でもライブ配信ができます。まずは配信専用のアプリをスマホにインストールします。そのアプリに指示に従って必要事項を入力してたら配信スタートできます。リスナーと気軽に雑談するのも良いでしょう。またゲームや料理など配信したいコンテンツがあれば、より多くのリスナーが訪れる機会が増えます。リアルタイムでコメントも流れてくるので、リスナーとのやり取りも実際の会話として楽しむことができます。

Search